+++趣味の芽+++

ガーデニング、映画、ゲーム、ラルクアンシエル、バドミントン・・・
いろんなことに興味ありつつ、
たいして長続きしないワタシの日々のつぶやき・・・。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< ささやかなエコ | main | ラルク好きおっさんのジレンマ >>

お月見の楽しみ

仲秋の名月??

おとといは、仲秋の名月・・・お月見でした。
ケータイで撮った月なので、ちゃんと写ってませんが、まん丸ではないのね。
とはいえ、とてもキレイな月でしたよ。

ところで、以前も書いたことがあったかもしれませんが、私たちの住む地域では、お月見の夜に子どもたちが近所の家々を巡り、お菓子をいただいて歩く・・・という古くからの風習があります。
引っ越してきた当時は、ハロウィンと似てるな〜〜と思ったものです。
仮装はしませんけどね♪

娘も小学生の頃までは、大きな袋いっぱいにお菓子をいただき、それを抱えて帰宅して嬉々としていたものですが、もう中学生なので、さすがに参加しなくなりました。さびしい限り。

でも近所の小さな子どもたちのために、この日はどこの家でもお菓子を用意して待っているんですよ♪

お菓子たち


写真は、私の友人が娘にと、わざわざ持ってきてくれたお菓子です。
こんなふうに袋に入れてひとりひとりに渡すんですね♪

末永く続いてほしい、ほのぼのとした慣わしです。
子育て・家事・仕事等日々のつぶやき | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

秋って、ほんとに月がきれいだよね。
すすきのシルエットと月って郷愁誘うよ。

地域の子どもに関する行事って、「みんなで子どもを育てている」
とか、「子どもは、みんなの宝」だとか
忘れかけてるそんな精神が息づいているんだなぁ、、って思う。

次男も娘さんと同じ中3。地域の行事に参加しなくなりました。
なんだか親である私の方が、ちょっと寂しい。
きょん | 2007/09/29 8:29 AM
★きょん♪★
お月見は、ツレも子どもの頃から経験してきた行事で、当時は今のようにお菓子をいただく・・・というよりも、縁側においてある団子や菓子などを、そーーっと忍び込んでとってくるといったものだったそう。
時代の流れで、今のようなカタチに変わったようです。
そんなふうに娘に話して聞かせてたよ。

きょんの住むところもいろんな伝統行事があるんだよね。
(先日見せてもらった次男くんのりりしい写真もそうだよね)
小さい頃からその土地に住み、当たり前のように参加して、
大人になっても地元にとどまるかどうかはわかんないけど、でもまあいい思い出として心に残ってることでしょうねえ。

みゅう | 2007/09/29 11:18 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://myusan.jugem.jp/trackback/124
この記事に対するトラックバック