+++趣味の芽+++

ガーデニング、映画、ゲーム、ラルクアンシエル、バドミントン・・・
いろんなことに興味ありつつ、
たいして長続きしないワタシの日々のつぶやき・・・。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< ホームレス中学生 | main | 秋の風景・・・我が家編 >>

自分ではどうしようもないイライラ

銀のアップ

娘は中学3年生。
がんばっていた部活も引退し、体育祭などの学校行事も終わって、あとは受験にまっしぐら・・・。
この時期になってようやく受験モードにスイッチが入った感・・・。遅いんじゃないの??

ところで中3といえば、年齢的にも状況的にもいろいろなモノに対してイラっとする様子。
娘を見ていても、些細なこと・・・特におとうさんの言動に対しては反抗的。たとえば「勉強、がんばってるか〜??」なんていうねぎらいの言葉にも「やってるよっっ!」なんて調子でちゃんとした返事はしない。
ツレはそんな娘の様子にため息つきつつ、「おれの言うことなんて、何を話したってマトモに聞いちゃいないんだ」なんて言っているし。。。

ツレは娘にあまり苦言を言わないので、結局私が注意をするんだけれど、「なんだかわかんないんだけど、おとうさんと話してるとムカつくんだよなあ。。。おかあさんはそういうことなかった?」なんて逆にたずねられる始末。
私の父は超キビシくて怖い人だったので、ムカつくとか嫌いとかそんな生易しい感情で接することなんてできなかったしなあ。。。。

でも、イライラしているのはどうも娘だけじゃないらしい。
聞いた話だが、すぐに先生に対して反抗的な態度をとる男子やら、父ではなく、むしろ母親に対して「クソババァ」的な発言をする女の子もいるらしい。

小学校3〜4年生と中学生くらいが、年齢的には不安定で、特に親とのかかわり方が変わってくる時期なんだって。で、高校生くらいになると落ち着いて来るんだとか。
とすると、娘も順調に成長してるってことかしら。
だとしたら、私としたら、父娘の間をしばらくは取り持つとしましょう。
子育て・家事・仕事等日々のつぶやき | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

そういうのって、ありますよ。
中学生って、異性を意識するころなので、一番身近な異性=父親に
対して、反抗的になったりするみたいです。
しかし、うちの娘は要領がいいのか、私とぶつかっている時は
父親を、見方につけ、旦那とぶつかっている時には、私を見方につけ
と、ころころ変わります。兄弟がいないので、一人っ子特有の
ものかもしれませんが。。。
そうですね。受験からも、開放されて、高校生になる頃に、又
変わってくるかなぁ?お互い、精神的にのりこえないといけない
時期なんでしょうね。頑張りましょうね(^^)v
dory | 2007/12/03 6:31 PM
★doryさん★
思春期の子どもの扱いというのは、何かと難しいみたいに言われるけれど(ウチのツレも含めて)、本当に有り余るエネルギーのやり場に困ってるっていうイメージがありますよね。
私は、娘にはそんな感情は抱いたことないんだけれど、友人の子どもとか娘の同級生の中には、確かに扱いが難しい子というのもたくさんいます。

お互い中学生を持つ親として、情報交換しあいつつ、興味を持って子育てしましょうね♪これからもよろしくです♪
みゅう | 2007/12/03 10:50 PM
お父さんにはツライ時期だけど、あと数か月我慢してもらうしかないかもね。
ずっとまだ楽な方だと思うんですよ、みゅうさんの娘さん。
お母さんと話ができてるから。
ちゃんと気持ちを言えてるから。
たぶん、お母さんにもイラっとする時はあるけど
無口になられるとほんとどうしてあげたらいいのかお手上げになっちゃいますよね。
高校受験・・・家族みんなで乗り切ってくださいね。
たけ坊 | 2007/12/05 1:56 PM
★たけ坊さん★
確かに、何も言ってくれないというのは、一番困りますね。。。
手をさしのべようにも方法がないというのは、周りの人間にとっては本当にツライことだと思います。
ウチの娘も、思っていること全ては話してくれてはいないだろうけど、先日こんなことがありました。
学校で、尊敬する人について作文を書くという課題が出たとき、娘は「両親」とし、「今の自分がまあまあ好き。こんな風に育ててくれた両親を尊敬するし感謝している」といった内容の文章を書いていました。
まあ脚色はしてるんでしょうが、すごくうれしかったです。

たけ坊さんはふたりのお嬢さんをしっかり育てていて、私よりも何倍もいろいろな経験をしている子育ての先輩ですもんね♪
ブログを覗き見して、子どもたちとのコミュニケーションを微笑ましく、身近に感じながら参考にさせていただいてます。
みゅう | 2007/12/05 5:59 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://myusan.jugem.jp/trackback/129
この記事に対するトラックバック