+++趣味の芽+++

ガーデニング、映画、ゲーム、ラルクアンシエル、バドミントン・・・
いろんなことに興味ありつつ、
たいして長続きしないワタシの日々のつぶやき・・・。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< コンビニ商品のオマケにはまる!!!! | main | 登校拒否、ヒッキー、家がイヤ・・・・ >>

FAINAL FANTASY察.▲疋戰鵐肇船襯疋譽鵝★★☆☆

ファイナルファンタジーやっと手に入りました、ゲーム”ファイナルファンタジー察匹梁格圓世箸いλ楮遏ゲームではなく、完全CG映像化したDVDです。

物語は、戦いから2年後。
平和になったかと思われた世界で、「星痕症候群」という病気が蔓延し始める。それは、治療法もなく侵された人々を死にいたらしめる不治の病だった。

前回の戦いで、多くの仲間を失い、自分を責め続けているクラウド。現在は、デリバリーサービスをしながら、孤児たちと暮らしている。
しかしその孤児たちに、星痕症候群と、カダージュと名乗る謎の男たちの魔手が伸びる。子どもたちを救うため、クラウドは再び戦うことを決意する。。。

********************

ゲーム「FF7」は、とにかく壮大な物語で、
キャラクターは、敵味方共にとても魅力的でした。
当時はいわゆる2頭身のドット絵のキャラ(※南国人さんからドットじゃないよ
ポリゴンだよ〜の指摘をいただきました、ありがとう〜〜♪)だったけど、
それでも感情移入しつつプレイしたものです。
それを今回は、実写を越えた美しすぎる画像で観ることができるんだから、映像の世界ってすごい進化してるのね〜と改めて思った。
フルCGならではのスピード感、空気感、
質感
なんかは見ものです。
実際にいないだろう的な超美男美女キャラの
オンパレードなので、それもまた楽しいかも??????

ストーリーは、前作を知らないとちょっと難解かも。
っていうか、わかるのかな????
でも特典映像で、前作のダイジェストが見れるので、
そちらと合わせて楽しむといいね。

というわけで、本作に対する感想は、
キレイな映像でおなじみのキャラたちが観れて、とにかくうれしかった。
その一言かな。

映画・DVDレビュー | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

FFは7からプレイステーションにプラットフォームを移したので、ドット絵じゃなくってポリゴンですよ。
でもプレステ2ほどの能力はなく、また、テクスチャマッピングの技術もいまいちで、丸太のような手足が妙に印象に残ってます。手はいつもグーだしね(笑)。これじゃ感情移入しにくい。
そういう意味で、綺麗なグラフィックでみられて嬉しいってのはよくわかるなぁ
南国人 | 2005/10/03 10:24 AM
そうだ、ポリゴンです、ご指摘ありがとうっ♪
2頭身だけどすでにもう3Dでしたね。
丸太のような手足・・・笑える!!3人つながって歩いてたよね。
とはいえ当時は、ムービー部分のグラフィックはすごく
キレイだと思ってたんだよ。
今観ると、単なる立体的なアニメって感じだけれど。
本当に進化しましたねえ〜〜(*−−*)

というわけで、オススメですよ、アドベント♪
みゅう | 2005/10/04 4:55 PM
いいなぁ♪
未だ、どこにも売ってません (T.T)
売っていそうな所を、くまなく、歩いているんですが…
予約を受け付けているところは、あるには、あったのですが
めったに行かないお店で、いつ行くかわからないお店じゃ、予約できないよぉぉぉ…

一番気になるのは、エアリスはどうなったのかなぁって、
そこが一番気になる

FF10-2は、ハッピーエンドを目指してクリアーした私。
やっぱり、アドベントチルドレンもハッピーエンドだといいなぁ。
はなみ | 2005/10/05 2:43 PM
★はなみさん:ほんと、なかなか行き渡らないですねえ。
私も、やっと入荷したのを最後のひとつ!ってところで
手に入れることができました。
きっと、あまりのウレシサに顔がゆるんでて、奇妙だった
かもしれません。

はなみさんもきっと、やっとの思いで手に入ったあかつきには、
きっとナミダもんですよ♪

おなじみのキャラクターは全部出てきます。
エアリスもしかり・・・。
私は基本的にネタばれはしないので、お楽しみということで・・・。
みゅう | 2005/10/05 5:48 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://myusan.jugem.jp/trackback/22
この記事に対するトラックバック