+++趣味の芽+++

ガーデニング、映画、ゲーム、ラルクアンシエル、バドミントン・・・
いろんなことに興味ありつつ、
たいして長続きしないワタシの日々のつぶやき・・・。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 私の中のオタク | main | 思春期の子育て真っ最中だけど >>

子育ての奥義って

本日、PTA広報紙の取材で、娘の通う中学校のカウンセラーの方とお会いしました。
思春期の子どもを持つ親としては、とても参考になるお話をたくさん伺うことができて、有意義な2時間だったなあ♪

心に残る話題は多々ありますが、なんといっても個人情報保護の時代につき、詳細は書けない。
でもひとつだけあげるとするならば、親は子どもを待ってあげるのが一番なのだとのことでした。子どもが悩みを話し出したら、忙しくてもちゃんと子どもと向かい合って、しっかりと聞く。決して「ああしろ」とか「こうすればいいのに」なんて口を挟まずに、じっと聞いてあげて「たいへんだったね」とかで子どもをねぎらい、それから子ども自身で答えを導き出せるようにしてあげるのがいいんだそうです。
それから叱るときは、子どもの人格自体を攻めるようなことはせず、感情的に言うのではなく、むしろ冷静になってルールに反した部分だけを叱る。

子どもは、親をしっかりと見ているそうなので、親自身が家事でも仕事でも楽しくこなせば、子どももおっくうがらずに手伝ってくれるんだって。
これは、あれやれこれやれってうるさく言うよりも、効果的なんだそうです。

日々心身ともに成長している我が子のために、親が我慢をしなくてはいけない部分がたくさんあるってことよね。

というわけで、調子にのって、来週は市で催される「思春期の子育て」講演会を聞きに行く予定です。
子育て・家事・仕事等日々のつぶやき | comments(10) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

穴があったら入りたいなぁ。ゆっくり、じっくり、話を聞いてあげたいと思っても、頭の中は、あれもこれもやらなきゃ〜といろいろ駆けめぐり・・・ついつい感情的に・・・
「お弁当」は母子のコミュニケーションツールとしてオススメと知り合いの中学校の先生が言ってました。
はなみ | 2007/02/09 12:40 PM
☆はなみさん☆
そうそう、頭じゃわかってるんだけれど、なかなか理想どおりにいかないのが子育てなんですよ。
感情を抑えて叱るというのは非常に難しい。神業に近いのではないかと思うほど・・・(^^*)

お弁当作るの、たいへんですもんね。
ウチの娘の中学は、普段は給食ですが月に一度、お弁当の日というのがあります。
これがまた、非常に私にとっては負担ですなあ。。。。
月一だからこそのプレッシャーとでもいいますか。

しかし、はなみさんとこもそうだけど、ウチも娘と一緒にゲームをやるのがとてもいいコミュニケーションになってるのではないかと。。。どうでしょ??
みゅう | 2007/02/11 1:54 PM
なるほどなぁ〜
そう言えば 子どもに限らず≪人をねぎらう事≫ってなかなか出来てないなぁ〜と思います・・・
子どもってこうしろ!ああしろ!って言って欲しいんじゃないんですよね・・・きっと。
PTA役員になると いろんな講話を聞く機会があり
ますね。役員やってて良かったぁ〜と思う時でもありますね。
まみゅー | 2007/02/14 6:05 PM
私も、子供に、すぐ勉強しろとか、上から
言っちゃうんですが、反省ですねぇ。
中学生くらいの子供って、むずかしいです。
感情的にならずに、冷静に。。。なるほど、
今度、気をつけて、実践してみよう〜っと。
dory | 2007/02/15 6:42 PM
まみゅーさん、こんばんは。
子育て講演の内容は、なるほど・・という感じで
読ませていただきました。
うちは、まだ長女が8歳なので、思春期も
これからだと思いますが、かなり参考になりました。
そうですねぇ。子供ときちんと向かい合って、
そして、何があっても母はあなたの見方よと、
しかと受け止めてあげなければいけないですね。
また、次回の講演会の内容も楽しみにしています。

あっ!それから、おすすめ本でレモンさんのが
出ていたのですが、まみゅーさんもレモンさんの
風変わりなPTA会長さんぶり好きですか?
私もです。去年の夏、なんとレモンさんのお話しを
聞く機会があったんですが、やっぱりパワフルでした!
とにかく、面白い人!面白いお父さん!
| 2007/02/15 11:12 PM
☆まみゅーさん☆
中学生〜高校生くらいの子どもって、特に大人のああしろこうしろ!!には反抗したがる年齢なのかもしれないね。逆にそうであったほうがいいのでは・・という気さえします。
確かに、PTA役員を引き受けたからこその特権ですね。
みゅう | 2007/02/18 8:49 PM
☆doryさん☆
doryさんのブログを読んでいると、娘さんとの関係はとても良好のように思います♪
子どもは、親の背中をみながら育っていくのだそうです。きっとdoryさんの仕事や生き様を、娘さんはきちんと考えてくれていると思いますよ(^^
みゅう | 2007/02/18 8:51 PM
☆・・さん☆
まみゅーさんのブログへたどり着きたかったのでしょうか??
でもこれも何かの縁、ここへもこれからもぜひ立ち寄ってくださいね♪

8歳のお子さんをお持ちとのこと。
3〜4年生くらいのお子さんも、ギャング世代というか、ちょっとした反抗期なのだそうですよ。
ウチの娘はそうでもなかったけれど、知り合いの男の子はこの年代にはやたら凶暴だったり、学校に行くのを渋ったり・・・とにかく大変だったみたいです。
でも不思議とそうだった子って、中学生になるとおとなしくなるんですよね。

ところで、レモンさんの話を直接聞いたんですか?
それはうらやましい。破天荒で楽しかったろうな♪
みゅう | 2007/02/18 8:56 PM
みゅうさん、先日は大変失礼いたしました。
でも、みゅうさんのブログにコメントさせて
いただいたんです。
あの日は、たまたまみゅーさんのブログにお邪魔
したあと、みゅーさんの記事を読み、またお名前が
似ているので、間違えてしまったのです。
本当に申し訳けないことをいたしました。
ごめんなさいです。(汗汗)

にもかかわらず、丁寧なお返事をくださって
ありがとうございました。
そうですね。これもまた何かの縁と思い、お邪魔
させていただきます。

そして、レモンさんですが、そうなんです。主人が
あるトークショーに出演してほしいと頼まれ、
そこへ、レモンさんもいらしていたんです。
なかなか、人を惹きつける話術で、ぐいぐいと
引き込まれていくようでした。面白かったです。
Ray | 2007/02/24 9:14 PM
☆Rayさん☆
そうでしたか♪
それならなおさら、今後とも仲良くしてくださいね、よろしくお願いいたします(^^

トークショーへご出演とは、ご主人は著名な方なんですね。
しかもレモンさんも一緒とは、うらやましい限りです。
私は本を読んだだけなのですが、破天荒なPTA会長さんぶりには感心してしまいましたから♪
みゅう | 2007/02/24 10:48 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://myusan.jugem.jp/trackback/99
この記事に対するトラックバック